株式会社ヤマハビジネスサポート

  1. ホーム>
  2. 会社情報>
  3. お知らせ>
  4. 全社イベントにて「ヤマハフィロソフィー体現エピソード発表会」および「須澤紀信さんライブ」を開催

お知らせ

全社イベントにて「ヤマハフィロソフィー体現エピソード発表会」および「須澤紀信さんライブ」を開催

2019年3月20日

2019年2月14日(木)、(株)ヤマハビジネスサポートでは「全社イベント~ひとつになろうYBS~」が開催されました。全社の一体感醸成と社員同士のコミュニケーション活性化を目的として、イベントの企画・運営はすべて、若手社員で構成されたBe ONE!プロジェクトが行いました。

イベントは、以下の2部構成で行われ、浜松周辺だけでなく東京や大阪から約250名の社員が集まりました。

  • 第1部 ヤマハフィロソフィー体現エピソード発表
  • 第2部 YMC所属のシンガーソングライター須澤紀信(すざわきしん)さんによるライブ
ライブを案内するポスター
ライブを案内するポスター

第1部 ヤマハフィロソフィー体現エピソード発表

第1部では、社員一人ひとりがどのような時にヤマハフィロソフィーを感じ体現しているのかを全社員で共有し、さらなるフィロソフィーの浸透をはかることを目的に「ヤマハフィロソフィー体現エピソード発表」が行われました。昨年10月~11月に社内で募集したヤマハフィロソフィー体現エピソード(応募総数:249件)の中から選考会により代表エピソードとして選ばれた6つの優秀作品を、6名の社員が発表しました。皆さん、少し緊張しながらも、自分が日常業務の中で体現したり感じたりした「ヤマハフィロソフィー」について具体的な情景説明もまじえて堂々と発表しました。

経理業務部のSさんの発表
経理業務部のSさんの発表
経理業務部のIさんの発表
経理業務部のIさんの発表
総務事業部のKさんの発表
総務事業部のKさんの発表
人事業務部のSさんの発表
人事業務部のSさんの発表
メディアワークス事業部のYさんの発表
メディアワークス事業部のYさんの発表
人材開発事業部のMさんの発表
人材開発事業部のMさんの発表
渡邊社長からの全体講評
渡邊社長からの全体講評

それぞれの発表には毎回会場から大きな拍手が上がり、「他の社員の方のエピソードをきくと、仕事に対する新しい視点に気付かせてもらえます」「いつも、とてもよい刺激を受けます。みんなの頑張りが伝わってくるから、自分も頑張らなくてはと励まされます」という感想が寄せられました。

第2部 YMC所属のシンガーソングライター須澤紀信さんによるライブ

第2部は、当社業務の顧客であるヤマハグループのその先にいらっしゃるお客様の気持ちを社員にも感じてほしいというBe ONE!プロジェクトメンバーの思いから、ヤマハグループ会社である(株)ヤマハミュージックコミュニケーションズ所属アーティストの須澤紀信さんによるライブが企画されました。ライブでは、デビュー曲である「はんぶんこ」や、JA共済働くわたしのささエール「ライフムービー」編CMソング「いいんだよ」など全6曲が演奏され、「聴いてくれる人が情景を思い描けるように歌いたい」とおっしゃる須澤さんの、やわらかくも力強い歌声が美しい音楽とともに会場をつつみこみました。
(使用楽器アコースティックギターLLX26C、A5R、シンセサイザーMONTAGE)

ライブ中盤のトークセッションでは、社員から須澤さんに「どんな時に曲を作っていますか?」「歌手になろうと思ったきっかけは?」「尊敬するアーティストを教えてください」などの質問があり、気さくに答えていただいた後、質問した社員にはサプライズでサイン入りCDのプレゼントがありました。また、須澤さんご自身が愛用しているギター「LLX26C」の魅力を語ってくださり、会場の社員にとってはヤマハフィロソフィーの1つである「顧客体験」を、プロのアーティストとしての目線から知る良い機会となりました。

最後の曲「君は誰かのヒーロー」では1フレーズを参加者全員で合唱。音楽を通じてYBS全体がひとつに。

ライブ終了後に社員からは、「ヤマハフィロソフィーを感じるいいきっかけになった」「ライブを通じてギター・マイク・電子ピアノなどヤマハ製品の作り手を感じることができ、また私たちがその人たちを支えているという誇りにもなった」「須澤さんの聴き手(顧客)に対する誠実な姿勢が伝わってきて感動した」「手拍子や合唱により、会場に集まった社員の一体感を感じることができた。とても良いイベントだったと思う」と好評の声が多数寄せられました。

※Be ONE! プロジェクト:全社コミュニケーション活性化や、全社横断的な活動の企画・推進を目的とし、委員長(社長)が選抜・任命する若手社員で構成。任期は1年間。主に全社イベントの企画・運営を行う。「Be ONE!」は「ひとつになろう!」という意味。

須澤紀信さん達とBe ONE!プロジェクトメンバー(中央が須澤さん)
須澤紀信さん達とBe ONE!プロジェクトメンバー(中央が須澤さん)

ページのトップに戻る